• sorairo

月が綺麗です。

今日は、フルムーン。


とにかく、綺麗でした。

車の運転を少しやめて、思わず見入ってしまいました。


これだけ美しいフルムーンを見ていると、誰かに伝えたくなるような。

そんな気持ちになりました。


かつて、夏目漱石が

「I love you」を「月が綺麗です」と和訳したと言われていますが、

なんだかそのきもちが少しわかるような気がしました。


こんな美しい存在を眺めていると、

スーって吸い込まれるような。

そして、自分の大切な人の顔を思い浮かべたくなるのです。


特に秋の空に浮かぶフルムーンは格別の美しさだったな。


ご存知の通り、そらいろの周りは田んぼに畑。

明るい光のものはあまりなく、普段から星もよく見えます。


そんなところなので、月明かりの光は、本当にいつもの夜とは違う夜空を見せてくれます。


電気が発明される前は、火を灯してあかりをとっていました。

けれど、

月明かりを頼りに、夜の時間を過ごしていた時代もあるんですよね。


そう考えると、何百年、何千年と地球の夜空を照らしている月の下に、自分たちが今いることの奇跡みたいなものを感じました。


自然は、本当に偉大。

そして、その中で、私たちは生かされているのだと、ふと考えました。


さいきん、「宇宙」に少し関心を持っています。

私の頭は「ど文系」なので、なんちゃら理論も、ほんにゃらの法則もわかりません。


宇宙の中の太陽系の中に地球が存在していて、金星と火星の間にあるということくらいは知っています。(多分、あっている)


でも、本当にそれくらいの知識しかないのです。


けれど、ある若者が「宇宙に関わる仕事をしたい」と将来の夢を教えてくれました。


「ど文系」の私には、


地球が丸くて、くるくる回っていてなんて実感すら、持てないでいると言うのに。


宇宙に関心を持つ、その関心に感心している。


いつだって、なんだって、遅すぎることはないと信じているけれど、


さすがに、私が今から宇宙を仕事にすることはおそらくないだろう。

だからこそ、その未知の領域への関心に関心を持つのかもしれない。


ひとまず、宇宙に行ったら、星がどんな風に見えるのか、知りたいかも。


人の、好奇心って、きっとこんな些細なところから生まれるんだろうな。


いつまでも「なんでだろう」を忘れない大人でいたいな。


月が綺麗すぎたので、とりとめのない文章を。


11回の閲覧
 INFORMATION

 Phone 049-293-1869

Email info.sorairo111@gmail.com

FOLLOW US
ADDRESS

埼玉県

富士見市東大久保

355−3

OPEN

火曜日ー土曜日

11:00〜17:30(L.O 17:00)

​*上記以外はご予約にて承ります。

© 2015 by sorairo. Proudly created with Wix.com

  • Facebookの - 灰色の円
  • Instagram - Grey Circle