• sorairo

書きたいことアウトプットその2

大変ありがたいことに、私には実の父親以外にも、父親のように慕っている父親のような存在の人が何人かおります。


お店を開こうと思った5年前。 大学時代からお世話になっている先生に、お店の構想や開きたいという思いなんかを

話に行ったことがありました。


大学生の時から、私はいつも先生の言葉に対し、「負けないもん」というような感情に駆られて、今思えば、それが行動の原動力になっていたように思います。


御多分にもれず、その時も、

「修行を積め、まだ早い。もっともっと、経験を積んでから」

こんなことを言われました。


こちらも今思うと、もっと、見聞を広め、熟考をしなさいということだったのかな。


でも、当時の私はなぜか、

「なんでわかってくれないのさ!!絶対、成功して見返してやる!!」


くらいの反発心を持ち、そこから、こっそりとお店を開き、なかなか連絡できずにいました。


本当は、

開店したこと。

お客さんとの出会いの中でいろんなことを考えていること。


やっぱり言われた通り、お店を維持するってことは大変だってこと。 でも、お店を開いたことを1度も後悔していないんだってこと。 話したいこと、たくさんあったのです。

でも、お店を続けていける自信がついたら、

堂々と、これが私の仕事です!! そういえるなって思えたら、連絡しようと思っていたのですが・・・・。

はや5年目笑

そろそろ会いたいなぁって思っていたのですが、勘当されているようなもんなので・・・。 自分から連絡する勇気が持てずにいたら。


共通の知人がGWに


こっそりと連れていくねって連絡をくれました。


緊張と緊張と緊張と緊張が重なり合って。

前日は眠れなかった。 どんな顔をして会ったらいいのか。 どんな声をかけたらいいのか・・・。 ふざけるな!!といって、お店に入らずに帰っちゃったりしないかな・・・。


でも、顔をあわせた瞬間の先生の笑顔。

久しぶりに見たなーあんなに笑ってくれた顔。


そこから,

この間にあったことをたくさんたくさん聞いてもらって。


普段、話せないこと。

考えていること、ぜーんぶ聞いてもらって。


大学時代に戻ったような気分で。


こういう時間が、なんて贅沢な時間なのだろうか?と実感。 自分の思っていることを、信頼して話せる人がいる。

こんな幸せなことはないなぁって思いながら、話をしていたら、なんだか泣けてきて。 最後は、「会いたかったんですからー」

と、泣いてしまった。。。



でも、なんか、やっぱり、この人は今の私の原点なんだって。

改めて思いました。


きびしい。

こんなにも、きびしいのにどうしてこの人の言葉は私の大きな支えなんだろう。


どんなに久しぶりでも、

まるで、つい最近までの出来事を全部見透かされているかのような、そんな不思議な感覚。


勘当をやっとといてもらいました。


本当に、いい時間だったなー。

30回の閲覧
 INFORMATION

 Phone 049-293-1869

Email info.sorairo111@gmail.com

FOLLOW US
ADDRESS

埼玉県

富士見市東大久保

355−3

OPEN

火曜日ー土曜日

11:00〜17:30(L.O 17:00)

​*上記以外はご予約にて承ります。

© 2015 by sorairo. Proudly created with Wix.com

  • Facebookの - 灰色の円
  • Instagram - Grey Circle