• sorairo

今日の夕暮れ時に

久しぶりの投稿になります。

まだまだ日常とは程遠いけれど、それでも少しずつ、お店の中で飲食されるお客様も

増えてきました。


そんな本日の夕方、小さなお子様連れのお母さんがご来店。

お外の席で、お茶時間を楽しんでくださったあと、お会計の時に声をかけてくれました。


「お弁当を買わせていただいていたのですが・・・なんか、食べたら本当に元気が出ました。久しぶりに、人が作ったご飯が食べられて、本当に元気が出ました。ありがとうございました。」


と。


もう、なんか、じわぁってきました。

嬉しかったなぁ。


お客様にありがとうというのが、お店側。

お客様に「ありがとう」って言われることってなかなかなくて。


そして、この方の言葉はなんか、心から出てきてた、そんな感じ。


いろんなこと考えて、いろんな意見があって。

答えがわからない中で、営業してきたこの時間。


私たちの中には、1つの信念があって。

曲げないでよかった。

なんか、やっとそう思えた気がします。


「ありがとう」のためにという意味ではなくて、どこかで誰かの元気になれていること。

ご飯を通じて、それができたこと。


なんか、

お店やろう

って思った日のことを思い出しました。


そう、

ご飯は人を元気にする。

ご飯は人をつなぐ。


原点に戻れる体験は、よしって思える瞬間。



62回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

今週末は富士見市で選挙。

少し、お久しぶりの投稿となってしまいました。 時間ができたかな、と思えばありがたいことに、また新しい「やること」が湧いて来て この記事はずっと書きたいと思いながらもなかなか書けず。 でも、やっぱり書きたかった記事です。 最近、いろんな人と話をしていると、 「最近の社会は・・・・」 「社会がこうだからた仕方ないよね」 のような、諦念感のようなそんな雰囲気を感じることがあります。 かくゆう私自身も、う

この時に想うこと

あまり、政治的なことを書くことはないですが。 子どもたちと関わる私たちが今、想うことを少し。 今回のコロナウイルスをめぐる社会のあれこれ。 想うことはたくさんあるのだけれど。 やはり、一斉休校に関しては想うことがある。 子どもたちの「健康・安心を守るために」 そういって始まった一斉休校の流れ。 子どもたちの健康・命を守ることはもちろん必要なことである。 しかし、今回のこの要請に対してしっくりきてい